忍者ブログ
日々の出来事を書いてます。
[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

日本語訳

日本語訳(にほんごやく)とは、日本語以外の言語による文書や会話などを日本語に翻訳(通訳)すること、また翻訳された文書や音声記録をいう。和訳(わやく)、邦訳(ほうやく)などとも言う。

ひとたび日本語訳を行えば、日本語以外の言語に通じていない者であっても、日本語が理解できればその文書や会話を理解することができる。歴史的に、日本と他国との間で、交易・外交・文化交流・渡航など国際交流の度合いが増すにつれて、当該他国が日本語を用いている特殊な場合を除き、日本語以外の言語にて書かれた情報が日本に流入してきた。しかしながら、当該言語を理解する能力を有さない場合には、それを理解することができないため、広く一般に当該情報を理解できるようにする上で、日本語訳の持つ意義は大きい。

古くは漢文で書かれた文書を訓読する方法が日本語訳と考えられ、江戸時代頃にはオランダ語の日本語訳が行われた(『解体新書』など)。開国後の明治時代には、ドイツ・フランス等欧米の文化文物の日本語訳がさかんに行われ、そうした翻訳で得られた知識・技術は日本の文化に大きく影響を与えた。第二次世界大戦後には、アメリカ合衆国からの巨大な影響を受け、英語からの日本語訳が著しく多くなった。また20世紀末のインターネットにより国際間での情報の流通が比較的自由になされる現在においては、取得可能な情報としては英語で書かれた文献が多い。

<PR>

翻訳会社

健康情報
PR
英語論文

英文校正(ネイティブチェック:proof reading
プルーフリーディングについて)

ご自身で翻訳した英語論文をネイティブにチェックしてもらいたい、という方大歓迎です。ACNに所属する各分野専門のネイティブが、厳密に校正いたします。英文校正結果は、校正前、校正後が明示されるよう納品いたします。海外ジャーナル、学会への投稿経験を積んだ専門のエディターが校正いたします。投稿論文の最終的なブラッシュアップは弊社にお任せください! 英文校正についての詳細はこちら インターネットの普及により、全く知的なバックグラウンドを持たない「自称」翻訳家が安易にホームページを立ち上げ、格安料金で翻訳を受注しているケースが最近多くみかけられます。そのような個人翻訳家へ依頼した場合のリライト(修正翻訳)を承るようになってきておりますので、業者選びにはご注意ください。



<PR>
エステのブログは?
翻訳会社ACNを知ってるかいな!!

翻訳会社ACNでは、専門分野別、総勢300名を越える翻訳家が翻訳を担当するから安心です!すぐにお見積りを発行いたします!こちらからどうぞ!

海外の主要ジャーナル、学会への論文投稿をサポートいたします。
8時間以内、翻訳・英文校正無料御見積り。
ワード、PDF、エクセル、FAX、パワーポイント、CDR等様々な原稿形態に対応
専門分野別、厳選された翻訳者による高品質の翻訳、英文校正
和英翻訳は全てネイティブチェック付き。
英文校正は朱筆手書き、ワードの変更履歴などクライアント様のご希望に対応
中国語翻訳、フランス語など多言語翻訳にも対応いたしております。
納品後の徹底的な無料サポート(ご質問への回答、ファイル修正など、原則として無制限)
翻訳は原則として海外ジャーナルへ投稿経験のある大学院修士もしくは博士以上の学位、および英語論文執筆の豊富な経験を持つものが担当。
英文校正とは?

英文校正の詳細

 

英文校正・ネイティブチェック・プルーフリーディング

文法上、構文上のミスがあれば、どれほど論文の内容が高く評価されるべきものであっても、審査の段階ではねられる危険性が高くなります。

そうならないために、海外及び国内学術誌への寄稿・投稿、学会発表資料などを、弊社所属の専門のネイティブが校正いたします。

校正は、文法、構文上の訂正はもちろん、論文によってはタイトル、サブタイトルのつけ方、もしくは論文の構造について指摘することもございます。ただし、校正者が原文の内容や論文構造について修正することはございません。

英文校正の履歴、変更履歴を明示

基本的にマイクロソフトワードにて英文校正を行います。
ワードの「変更履歴表示機能」で英文校正前と英文校正後の変更箇所が明示されるように納品いたします。

ハンドライティング(手書きの朱筆校正)をご希望の場合は、お申し付け下さい。納品はPDFファイルとなります。

なお、原稿がワードファイル以外の形式である場合には、手書き校正料として、料金が25%増しとなりますので、予めご了承下さい。

英文翻訳のACN

日英翻訳/英日翻訳
日英、英日翻訳(和英翻訳、英和翻訳)は、内容を問わず承ります。学術論文、技術論文、研究資料なら、量の多少に関わらずお任せください。ACNに所属する各分野専門の翻訳家がパフォーマンスの高い翻訳をスピーディにお届けいたします。
また弊社所属の翻訳担当者は全て大学院修士(Master)あるいは博士(Doctor of Philosophy, Ph.D.)の学位を有し、英語論文の形式に精通しておりますので、よりアカデミックな文体でお届けすることができます。

目的(海外ジャーナルへの投稿、書籍、学会での口頭発表など)に応じて翻訳の形式を調整いたします。投稿の場合はジャーナル名、投稿概要をご通知いただければ、ジャーナルの形式・審査概要に沿った翻訳をお届けすることも可能です。

納品した翻訳結果についてのご質問には無料にて対応いたします。

英文校正 ( Proof Reading )
ご自身で書かれた英語論文はぜひ専門のネイティブによりプルーフすることを推奨いたします。校正結果は、校正前、校正後が明示されるよう納品いたします。

英文校正についての詳細はこちら
Flow - 翻訳をお届けするまで
お客様よりの翻訳見積りフォーム送信。(お客様からACNへ)
お客様へお見積りの送信(メールにて。12時間以内)(ACNからお客様へ)
お客様による発注および原稿の送信(メール)(お客様からACNへ)
翻訳受注の確認(メール)(ACNからお客様へ)
翻訳作業(「納期の目安」参照)
翻訳品のお届け(メールあるいはお客様のご希望の納品形態で)(ACNからお客様へ)
ブログ内検索

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新TB

プロフィール

HN:
くんぺい
性別:
非公開
バーコード

最新CM

フリーエリア