忍者ブログ
日々の出来事を書いてます。
[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

西本投手コーチが練習ボイコット

 日本一に輝いたロッテが激震に見舞われた。西本聖投手兼バッテリーチーフコーチ(54)が就任1年目の今季限りで退団する可能性が17日、浮上した。球団に2軍コーチへの異動を打診され、返答を保留。15日に始まった秋季練習は1、2軍どちらも欠席していることが分かった。契約期間は来年まで残っているが、最悪の場合、退団に発展する可能性も出てきた。20日から始まるコーチ陣の契約更改の行方が注目される。

 日本一の興奮冷めやらぬ中、ロッテに火種が持ち上がった。西本投手コーチがユニホームを脱ぐ可能性が出てきたのだ。チームは15日から千葉マリンと鴨川で、それぞれ1軍と2軍の秋季練習を開始したが、西本コーチは欠席しているという。千葉マリンでの投手陣練習の指揮は、井上ブルペンコーチが執るなどカバーしているが、チーム内部でも「そういえば、西本さんがいないのは不自然だ」との声が広がっている。

 西本コーチは中日を下した日本シリーズ終了後に、2軍への異動を打診された。球団は小林宏がFAでメジャー挑戦するなど投手陣の戦力ダウンが否めない状況で、若手の底上げが急務と判断。厳しさと、卓越した理論を併せ持つ西本コーチに育成部門を預けることが最適と判断した。

 この配置転換に対し、西本コーチは態度を保留した。秋季練習には当然、西村監督を含めすべての首脳陣が参加している。欠席してまで熟考していることから、最悪の場合、退団に発展する可能性が出てきた。

 西本コーチは昨オフ、ロッテ再建の重要な役割を担い、投手コーチに迎えられた。2月の石垣島キャンプでは若手に厳しい投げ込みを課すなど、現役時代さながらの“雑草魂”で、投手陣の整備に力を注いできた。努力が実り、大嶺、唐川らがひと皮むけ、シーズン3位に貢献。クライマックスシリーズ、日本シリーズでも内、伊藤らの若い救援陣が活躍し、3位からの日本一という、史上初の下克上Vを完結させた。

 一方で、シーズン中には投手の起用法を巡って西村監督とも意見が衝突したこともあったという。また、チーム防御率4・10はリーグ5位に低迷し、投手戦略より指導力を生かした方が、能力を発揮できるという見方が、球団内にはあったようだ。

 契約期間は来年までの2年。20日から首脳陣の契約更改も始まり、球団フロントの対応、西本コーチの主張が注目される。近日中に結論は出さなければいけないが、2軍への異動を不服とするケースは十分にあり得る。03年にも、阪神をリーグ優勝に導きながら、勇退した星野監督とともに退団している。球団にとっては、予断を許さない状況が続く。



[スポーツ報知ニュース]より



 ロッテは日本一になったにもかかわらず、主力のメジャー挑戦やらコーチのボイコットやらで大変なことになっていますね。プロの集団ですから、仲良し手段であるはずもないですが、首脳陣がゴタゴタしては選手の士気にかかわりますよね。西本コーチも簡単に迎合するタイプではないでしょうから、今後が心配です。



ミスパリ 化粧品
PR
ブログ内検索

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新TB

プロフィール

HN:
くんぺい
性別:
非公開
バーコード

最新CM

フリーエリア